1. 研究・社会連携室TOP > 
  2. 不正使用防止の取組、不正行為防止の取組

不正使用防止の取組、不正行為防止の取組

取引業者の皆様へ ( 物品検収、誓約書 )

1)公的資金で購入した物品は納品時に事務局での検収が必要です。研究者への直接の納品は禁じています。

納品の流れ : 業者 → 事務局で検収 → 研究者

2)伝票等書類について  本学の競争見積の原則ルールに基づき発注しますので、適正な運用にご協力ください。不正行為へ係わった場合は、取引停止等になりますので、ご留意ください。

3)「誓約書」の提出について  文科省ガイドラインを受けて、公的資金で購入する物品を納品するにあたり、不正行為に関与しないという旨の「誓約書」の提出をお願いしています。

*詳細は「岡山理科大学物品検収について」をご覧ください。

公的研究費の不正使用防止の取組、研究活動における不正行為防止の取組

 本学では、国費が充当されている公的研究費の運営管理について、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)」に基づき、本学では2007年(平成19年度)より「公的研究資金等の運営・管理を適正に行なうための実施要領」を作成し、2014年3月には「岡山理科大学における公的研究費の使用に関する行動規範」、「岡山理科大学公的研究費の取扱いに関する規程」、「岡山理科大学における公的研究費の不正使用防止に関する基本方針」を整備し、適正な運用に向けた取り組みを行っています。 また、「研究活動の不正行為への対応のガイドラインについて」(平成18年8月8日科学技術・学術審議会研究活動の不正行為に関する特別委員会)の見直しによる「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)に基づき、「研究活動の不正行為・研究費の不正使用の防止に関する責任体制図」、「岡山理科大学研究活動における不正行為の防止及び対応に関する規程」を整備し、不正使用防止を含めた研究活動の不正行為防止への対応を定めています。

 公的研究費の不正使用防止の取り組み

 研究活動における不正行為防止の取り組み

ガイドライン

 研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)

 研究活動の不正行為への対応のガイドラインについて(平成18年8月8日科学技術・学術審議会研究活動の不正行為に関する特別委員会)

 研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日文部科学大臣決定)

規程等

 公的研究費の運営・管理を適正に行うための実施要領

 岡山理科大学における公的研究費の使用に関する行動規範

 岡山理科大学公的研究費の取扱いに関する規程

 岡山理科大学における公的研究費の不正使用防止に関する基本方針

 研究活動の不正行為・研究費の不正使用の防止に関する責任体制図

 岡山理科大学研究活動における不正行為の防止及び対応に関する規程

PAGE TOP