1. 研究・社会連携部TOP > 
  2. リエゾン 産学連携広報誌

リエゾン 産学連携広報誌

Liaison(リエゾン)は本学研究シーズを産業界の皆様に紹介するために、研究・社会連携部が2009年度より発行している冊子です。(年1回発行) 岡山県内を中心に企業等へ配付し、産学官連携の促進を図っています。作成にあたっては研究シーズだけでなく、地域貢献、技術動向などを身近に感じるよう編集に注意を払っています。

バックナンバー 画像をクリックすると各冊子がご覧いただけます。

●2019年10月発行 Liaison vol.11 

掲載記事・研究者 「フロンティア理工学研究所紹介 -個性的で魅力ある研究拠点の形成を目指して-」 平野博之 「自主避難のための情報伝達システム『ひなん獅子』」 佐藤丈晴 「ドローンによる送電設備の自動点検技術の開発」 クルモフバレリー 「お肌の色はどうできる? ~鍵を握るのは細胞間の宅配便~」 田所竜介 「乳酸菌とストレスについて ~お腹の調子を整えて、ストレスの多い社会を乗り切りましょう~」 橋川成美 「風と揺れを使って重さの違う粒を分離する!」 押谷潤 「プロのプログラム開発が体験できる制度」 北川文夫 「子どもの身体活動を加速度計で評価する」 笹山健作 「障害と法の関係を考える」 川島聡 「実はとても大事?! 身の回りにある化学物質の毒性評価」 齋藤文代 

 2018年10月発行 Liaison Vol.10

掲載記事・研究者 「獣医学部開設にあたって」 吉川泰弘  「チーム『オール理大』、恐竜に挑む」 石垣忍  「地域・社会に期待される役割を具現化する『イノベーション・ラボ』とは? 」 鷲見哲男  「土と炎が織りなす芸術の科学 ―金彩備前焼の微構造と再現―」 草野圭弘  「生きた遺産=リビング・ヘリテージのまちづくり」 八百板季穂  「社会ニーズに応えた次世代有機材料の開発」 東村秀之  「臨床生命科学科で恐竜研究?」 辻極秀次  「高い耐久性を有する有機機能性材料の創出」 岩永哲夫 「ソーシャルビッグデータを用いた観光の分析」 廣田雅春  「古代の種子から食べ物の歴史を探る」 那須浩郎 

 

2017年10月発行 Liaison vol.9 

掲載記事・研究者 「博物館でマーケティング?!」 石垣忍 「ワインをはじめとした醸造・発酵と食品の機能性評価」 金子明裕 「世界に通用する人材を育成するために」 眞砂和典 「うつ病発症に関係する新たなたんぱく質を発見」 橋川直也 「新たなビジネスモデルに向けた価値共創マーケティングの展開」 村松潤一 「つながりのある小中高の新たな英語教育-グローバル化に対応した英語教育改革のもとで-」 坂本南美 「塑性加工品の高精度化・高機能化への挑戦」 寺野元規 「プロと素人の垣根を超える!VRを用いた共同創作への取組み」 馬淵大宇 「理大発の難病ミトコンドリア病治療薬」 林謙一郎 「常在菌を意識!~乳酸菌で元気はつらつ&美肌菌でお肌ぷりっぷり~」 野嶽勇一 「赤外-可視分光測定用反射光学顕微鏡の開発」 山本薫 「モーションキャプチャーの応用研究」 北川文夫

 Liaison Vol.8_cover2016年10月発行 Liaison vol.8

掲載記事・研究者 「呼気ガスセンサの量産化を目指した共同研究」 秋山宜生 「岡山の淡水生態系を外来種から守る」 亀崎直樹 「池田動物園のインドゾウ、メリーの全身復元骨格模型による社会貢献」 清水慶子 「近世の教育史研究を通して見えてくるもの」 山中芳和 「量子コンピュータ時代を見据えた次世代暗号の開発」 安田貴徳 「自生植物と帰化植物の実証的な識別」 池谷祐幸 「可視光通信技術のITSへの応用」 荒井伸太郎 「惑星観測用広視野補償光学系の開発」 渡邉 誠 「e-Sportsの文化的価値向上を目指して」 梶並智記 「オオカマキリの飼育と生命尊重の考え方の変容」 山下浩之 「新出資料『土御門院女房日記』の研究」 山崎桂子 「細胞を自動的に集めて立体組織体を作製する研究」 岩井良輔       

2015年10月発行 Liaison vol.7 

掲載記事・研究者 「石州瓦の軽量化を目指した共同研究」 清水一郎 「文化財の保護による地域の活性化」 江面嗣人 「動物園とともに希少動物の繁殖をめざす」 清水慶子 「顧客志向経営のシステム開発」 山口隆久 「超伝導スーパーモーター及び発電機の開発」 河村実生 「階層構造制御による高分子材料の高性能化」 大坂 昇 「商用電源周波数で共鳴させた非接触給電装置(60Hz – WPT)」 石田弘樹 「鉄筋コンクリート柱を強くする研究」 中西啓二 「無線センサ アクタ ネットワーク」 KULLA, Elis 「医療用DLC膜の開発」 中谷 達行 「QOL向上を目指す支援技術のイノベーション研究拠点形成」 山田 訓

 2014年10月発行 Liaison vol.6

掲載記事・研究者 「しみ予防化粧品の新しい有効性評価法を共同開発」 安藤秀哉 「科学的な視点で北木石を見直す」 能美洋介 「おもしろ体験でぇー」 「微生物のバイオテクノロジー」 三井亮司 「ニホンジカに対する移動阻害構造体の開発」 小林秀司 「斜面の変状を地形から読み取る技術」 佐藤丈晴 「低電力室温動作型ガス分析センサ」 秋山宜生 「新しい回転直動変換機構の開発」 清水一郎・關正憲 「企業・消費者間における価値共創」 大藪亮 「デジタルゲームが開く科学と社会の新たなつながり」 山根信二 「QOL向上を目指す支援技術のイノベーション研究拠点形成」 山田 訓 「鉱物の物理化学特性から読み取る地球、惑星の環境変遷史」 豊田 新        

2013年10月発行 Liaison vol.5 

掲載記事・研究者 「電気自動車(OVEC-ONE)を共同開発」 笠 展幸&(公財)岡山県産業振興財団 おかやま次世代自動車技術研究開発センター 「陸前高田市立博物館被災剥製・動物遺存体標本の救援」 富岡直人 「科学ボランティアセンター」 高原周一 「グリーンケミストリー」 折田明浩 「大規模な3D道路データの圧縮伝送技術」 島田英之 「ごぼうに酸化ストレス軽減効果」 益岡典芳 「茸が産生する多糖体の嚥下食への応用」 長尾一孝 「新規な体内埋め込み型人工腎臓IAKの研究」 中路修平 「伝統構法土壁の耐力性能に関する実大実験による検証」 山﨑雅弘 「記紀に消された古代吉備の歴史」 志野敏夫 「QOL向上を目指す支援技術のイノベーション研究拠点形成」 山田 訓 「鉱物の物理化学特性から読み取る地球、惑星の環境変遷史」 豊田 新    

 2012年10月発行 Liaison vol.4

掲載記事・研究者 「絶滅危惧種アッケシソウの保護・保全」 星野卓二、斎藤達昭、山口一裕 「岡山県熱発電開発推進会議による排熱発電の取り組み」 財部健一 「おかやまUDたてものコンテスト」 後藤義明 「ヒートアイランド問題と熱中症」 大橋唯太 「マイクロリアクタを用いた透析装置用尿素センサを開発」 中川益生 「ハーブより生活習慣病治療活性物質を発見」 松浦信康 「皮膚のメラニン色素移動メカニズムを解明」 安藤秀哉 「パワーアシスト車いすの高機能化」 藤本真作 「QOL向上を目指す支援技術のイノベーション研究拠点形成」 山田 訓 「鉱物の物理化学特性から読み取る地球、惑星の環境変遷史」  豊田 新 「グリーン元素科学」 森重國光 

2011年10月発行 Liaison vol.3 

掲載記事・研究者 「巨大地震!その時岡山は?」総合情報学部 西村敬一、瀬川 輝夫 「小児がんの早期発見を目指して」三井亮司&(株)札幌イムノ・ダイアグノスティック・ラボラトリー 「スマートグリッドとパワーエレクトロニクス」笠 展幸 「屋根工法の安全性の検証と更なる活用のために」田中利幸、山崎雅弘 &(株)モリヤテクノ 「植物工場に向けて」猪口雅彦 「マイクロリアクターを活用した化学反応プロセスの創出」 平野博之 「木質バイオマスから効率的なバイオエネルギーの生産」 原 啓文 「動脈硬化の一因を解明」 内貴猛 「微結晶セレン・ガスセンサーを発明」秋山宜生、大谷槻男 「鉱物の物理化学特性から読み取る地球、惑星の環境変遷史」 豊田新 「グリーン元素科学」 森重國光 「おかやま医療機器開発プロフェッショナル」 林紘三郎      

 2010年10月発行 Liaison vol.2

掲載記事・研究者 「産学連携事例」中川益生・尾崎真啓&協和ファインテック(株) 「産学連携事例」島田英之&(株)ウエスコ 「有機ELの開発」折田明浩 「L-乳酸の製造方法及び新規微生物」 滝沢昇 「建築・地域の省エネルギー」 吉田治典 「超音波の診断と治療が安全・確実に」木原朝彦 「新しい小児がん診断法」三井亮司 「ウエアラブル空気圧制御機器の研究」 赤木徹也 「水銀捕捉剤の開発及び体内水銀の排泄方法の発明」 柴原隆志、愛甲博美 「おかやま医療機器開発プロフェッショナル」 林紘三郎 「グリーン元素科学」 森重國光

●2009年10月発行 Liaison vol.1  

掲載記事・研究者 「測量をバーチャル化」 島田英之 「ヒートアイランド現象の仕組みを解明」 大橋唯太 「バイオセンサーで菌やウイルスの測定が迅速に!」 永谷尚紀 「おかやま医療機器開発プロフェッショナル」 林紘三郎 「地域社会とのコラボレーションによるQOL向上の一体的アプローチ」 金枝敏明 「グリーン元素科学」 森重國光

PAGE TOP