1. 研究・社会連携部TOP > 
  2. 研究・附属施設リンク

研究・附属施設リンク

研究・社会連携部に関連する教育・研究・文化施設のリンクを掲載しています。

フロンティア理工学研究所

未開拓領域の研究成果と最先端テクノロジーを用いた「モノづくり」を通して社会に貢献するため、理工系分野と情報科学を融合させた分野横断型の研究を推進する研究所です。国際的な教育・研究交流にも注力します。

 

 

自然フィールドワークセンター(NFC)

フィールドワークを利用した学生のアクティブラーニングをサポートするため、フィールド科学研究や植物標本の収集・研究、野外活動や学外団体との連携支援などを行っています。

 

 

ワイン発酵科学センター

新しいワイン醸造及び貯蔵技術の開発、味や香りに重要な高分子化合物や酵母の解析、ワイン用のブドウ栽培などについて研究します。「岡山理科大学ワインプロジェクトプログラム」をサポートし、人材育成を行うとともに、ワイン醸造による県内の産学官の地域振興の研究拠点形成を目指します。

 

 

恐竜学博物館

モンゴル・ゴビ砂漠での化石発掘から研究室で行われる一連の作業や研究のプロセスを、そのまま現在進行形で展示しています。自然科学分野の教育拠点としての役割と、日本国内の恐竜研究拠点としての役割を目指します。

 

 

総合機器センター

最先端の研究機器を設置し、その活用を通じて岡山理科大学教職員・学生、そして学外者の研究および教育推進に貢献しています。

 

 

工作センター(サイエンスドリームラボ)

ものづくりの機能を集結させた実習施設です。専門技術スタッフが常駐し、基礎的・創造的、及び応用的・実践的な能力を備えた学生・大学院生の教育・研究を支援するために工作技術を指導しています。

 

 

古生物学・年代学研究センター

年代学的手法及び分析学的手法を組織的に密接に古生物学の研究に取り入れ、融合させて、年代学的研究を基礎とした古生物のマクロ進化を研究目的とする新たな研究分野の構築と進展を図ることを目標にしたセンターです。

 

 

建築歴史文化研究センター

本センターは文化財を含む歴史的建造物に関わる調査研究、教育、地域貢献、海外協力の推進を活動目的とするが、文化財の活用学についての論理的思想構築の学問的研究を進め、文化的思考能力をもった有意な人材の育成を主目的としています。

 

 

生物医科学検査研究センター

本センターは、動物とヒトの健康を科学するという理念のもと、ヒトや動物、食品等を幅広く対象とする検査サービスを提供することによって地域社会に貢献します。また、生物医科学分野の検査・研究に関する知見を教育に活用することを目的としています。

 

PAGE TOP